地平の意義

「ハゲタカ」スピンアウト・ノヴェル


<< Deal 4 | main | Deal 6 >>



Deal 5

 

会場から出て歩き出すとすぐ、黒田が振り向いた。
「じゃあ、ドコにしましょうか?」
「え…?」
「この後は、私も顔出しの予定ありませんし、スイートでも取
りますか? それとも少し、最上階のバーで…」
「! いやっあのっ そんなつもりじゃッ…!」
 大慌てで三島が手や頭をブンブン振ると、黒田は可笑しそう
に少し口を押さえた。
「取材場所ですよ。私に聞きたい事があるんでしょう?」
「!!」
「何でも喋りますよ?」
 完全に遊ばれてるし…。
 男の笑みに、取材など可能なのか、という気持ちが三島の内
に広がった。



 会場の照明が戻されると同時に、鷲津の目はある一人の人物
を捕えた。

 本木三郎。クリスタルネット副社長…今回のディールのキー
パーソン…! 

 人波を除けながら、その近くへ行くと、声をかけた。老紳士
は、少し意外そうな顔をしてから、頭を下げる。
「黒田社長は、さすがのカリスマ性ですね。」
「や…まぁ、えぇ…」
「しかし、カリスマだけで経営は出来ない。」
「………」
「社長もご自分で理解しているはずです。」
「………」
「経営の才覚自体は、無くはない。学ぶ機会さえあれば、良い
経営者になるでしょうね…。」
 鷲津は黙ったままの本木を、横目で見た。その顔には、強い
後悔のような感情が滲んでいた。



 スカイバーのカウンターで、隣の三島が遠慮がちにグラスを
傾けると、黒田は少し苦笑した。
「折角だから窓際で乾杯といきたいんですがね…」
 高所恐怖症で。そう黒田が続けると、三島は意外そうな顔を
してから、思わず笑った。
「デート場所に案外苦労されますね。」
「まぁ、今夜はこれで丁度良いと思うんですけど。」
 細めた男の瞳に、三島は微かな暗さを見た気がした。


 会場外に出ると、鷲津はすぐに村田を呼んだ。
「副社長の本木について詳しく調べて下さい。先代から今に
至るまで、出来る限り…。」
 強い視線はいつも通り、ディール一点へと向けられていた。




「早速ですが…」
「はい、何でしょう? あ、つまらない事は、今夜は答えませ
んよ?」
「!!」
 笑いながら先手を打たれ、三島は思わず言葉に詰まった。
 これではホライズンの事も、これからの成り行きの事も、聞
く事は出来ない。…無理矢理聞けば、きっとこのインタビュー
は即終わる…。
 自分を試すように笑みを深くする男に、三島は一つ、息を吸
った。
「黒田さんは……先代が急逝しての、突然の社長就任だったん
ですよね…?」


  不安や…戸惑いはなかったんですか?


 三島が探るように投げた問いは、計らずも黒田の急所を撃ち
抜いた。






posted by Team Novelize”HAGETAKA” 01:23 |-|-|pookmark