地平の意義

「ハゲタカ」スピンアウト・ノヴェル


<< Deal 2 | main | Deal 4 >>



Deal 3


 24 December


 三島は、その会場の中へ入ると、息を呑んだ。
 映画でしか見た事の無い様なシャンデリアの下で、きらびや
かな衣装に身を包んだ多くの男女が、笑顔で挨拶を交わしてい
る。大きなツリーが、キラキラと輝いて…

 …まるで、外で何が起きようと、誰が死のうと、関係ない様
な笑顔だな…

 三島は思ってから、当たり前かと呟いた。
 この時期は嫌だ。 いつも自分だけ取り残される。
 仕事の事だけ考えようと思って、そういえば、と、三島は思
う。
 あの男が帰って来てから、計らずも、この日は毎年一緒だっ
た事を思い出した。
 毎年12月24日は、必ず副代表が休みを取るので、ガード
の甘くなった鷲津を追いかけ回していただけなのだが…。
 それにしたって、今年はそれも出来そうにないな、と三島が
シャンパンに溜息を吐くと、背後から声がかけられた。
「どうしました?」
「い、イエ…!ただちょっと沢山の方がいらっしゃるので…」
「ああ、人酔いですか? 結構そういう方、いらっしゃいます
からね。」
 三島にソフトドリンクを手渡して言うと、人当たりの良さそ
うなその男は、会場全体を見回した。
「あの…黒田社長、ですよね…?」
 社長と呼ばれた男は、少しの驚きを持って振り向いた。
「ここに来る人たちは、私の顔なんて覚えてないと思ったんで
すけど…」
 もしかして記者さん?と冗談めかして笑った黒田に、三島は
ぎこちない笑みを返した。

「さて、可愛いお嬢さんと話していたいのは山々ですが、挨拶
をして回らなければいけないのでね。」
 やっとの思いで三島が本題に入ろうとすると、黒田は「それ
では」と人懐こい笑顔で去った。
 いつものように追いすがる訳にも行かず、三島は上げたテン
ションのやり場無く、その背中を見送った。
 …猫の様な男だと思った。あの男とは、あまり相性は良さそ
うに無い。
 そういえば、今朝までの時点でホライズンは、クリスタルネ
ット株を、黒田氏を凌ぐ36%まで取得し、最大株主の座を手
に入れたという事だった。…ならば、この会場に鷲津政彦がい
ても…おかしくはない。
 三島は頭を素早く切り替えると、視線を巡らせた。

 眼下に輝くツリーに無感情な視線を投げてから、鷲津は向か
いの黒田へ、ファイリングされた資料を差し出した。
「ホライズンの『クリスタルネット再建計画書』です。」
「我が社には必要の無いものですね。」
「本気で仰ってるなら、今すぐ病院へ行かれた方が良い。」
 両者とも笑ってはいたが、室内温度は幾分か下がったように
感じられた。
「とにかく、本日はパーティーです。そのようなものは受け取
りません。最大株主様も、折角ですから、今日くらいお楽しみ
になられては?」
 どういう意味だ…。普段なら聞き流す事が、ヤケに癇に障っ
た。
「出会いは意外な所に転がっているものです。ここに来る前に
話した娘さんなんて可愛かったですよ? 目が大きくて… 私の
勘だとマスコミですけど。」

 鷲津の脳裏に、三島の姿が過った。

 次の瞬間に、鷲津の姿は応接室に無かった。
 ただ、そこには、呆気に取られた黒田が、取り残されていた。
 我に返って、男の残していった再建計画書を力無く持ち上げ
ると、また投げた。
「余計なお世話だ…ハゲタカが。」


 もう、あれからずっと…会場内をグルグル隈無く探したはず
なのに、鷲津政彦の影は見当たらなかった。
 おっかし〜なぁ…?そう思いながらも鷲津を探し続ける三島
に「ねぇ」と、酷く馴れ馴れしく声がかけられた。
 振り向くと、柔和そうな青年が突然手を握って懇願して来た。
「お願いですッ 今度のゲームのキャンペーンガールになって
下さいッ」
 目が点になり、思考が停止した三島に、青年は畳み掛ける。
「貴女しかいません!貴女にしか出来ない事なんですっ お願
いです!!」
 あんまり見つめられ続けられるので、三島は、もう、よく分
からなくても「良いですよ」と言ってしまいたくなった。しか
し…

「彼女はセクハラまがいのコスプレはしてくれませんよ。」

 麻痺に陥っていた脳が、全覚醒した。 …あの男の声だ。
 会場が、まるで鷲津に道を開けるように二つに割れた。男は
その間を、ゆっくり歩いて来る。

 三島は、自分の手を取っている男が誰か思い出した。
 間 祐介、オンラインゲーム配信会社社長。胡散臭いウワサ
と、女性問題が絶える事が無いという男だ…。
 三島は、少しでもこの男の言葉に、自分が動かされそうにな
った事を情けなく思った。
「放して下さい…」
「アレ彼氏?」
「違いますけどねっっ」
 力を込めて、否定した。







posted by Team Novelize”HAGETAKA” 00:00 |-|-|pookmark